今回の事例は絽の着物に出来てしまった襟の擦れ修正です。

着物は主に絹で作られています。この絹、非常に光沢があり優れている部分が沢山ある繊維なのですが、どうしても「摩擦に弱い」といった弱点があります。

そして、着物というと襟の部分はファンデーションのシミがついたり汗が付着したりといった事以外に「擦れる」という非常に過酷な環境にある部分でもあります。

今回お預かりした絽の着物ですが、やはり襟部分に強い擦れと脱色がおきています。

こうなっている場合、洗っただけでは戻りませんので部分的に染色を施す必要があります。

アフターです。どうしても擦れが強く写真をとると白っぽく見えてしまうところがありますが、会話をする距離ではほぼわからないぐらいまでは修正することができました。

もしお着物のスレなどでお困りの際はお気軽にご相談くださいね。

 

(有)クリーニング黒岩  近藤義之
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp
JAすこうアグリス店 248-8900
デリシア井上店 248-4243

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ