今回の事例は、気がついたら襦袢のたもとにシミが出来ていたというご相談です。

着物は特に長い時間しまわれいる事の多い衣類ですから、いざ使おうとしたらシミが出来ていた…と言ったご相談も多いです。

カビの場合もありますし、色が抜けているケースもあります。

そして、今回のような気づかなかったシミが出来ていた、と言ったご相談。

もしかしたら、しまわれる前に何か付いていたのかもしれません。

それが何かはわかりませんが、汗のような付いた直後は目に見えないシミの場合、しまわれている間に変色をしてしまい、姿を表すものもありますね。

何かが付いた直後なら、その部分を適切に洗っておけば安心です。しかし、変色してしまうと洗っただけでは取れません。

部分的に復元加工を施しました。

着物の下に着る襦袢とはいえ、やはりシミが付いていては気持ちが悪いですものね。

これでまた、気持ちよく使っていただけるかと思います。

 

掲載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩  近藤義之
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp
JAすこうアグリス店 248-8900
アップルランドデリシア井上店 248-4243

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ