今回の事例は、麻のベストに茶色のシミがついてしまい、こすったが取れなかったと言ったご相談です。

気がついたらシミが出来ていた。非常に多いご相談の一つです。

今回のベストも同じような感じでした。

ちょっと厄介なのは、お客様がこすってしまったという所ですね。

麻という素材は特有の風合いやシャリ感などで人気ですが、スレやすく染色がやや弱いと言った難点もあります。

これは素材の性質なので、いい面でもあり、悪い面でもありますね。

さて、真ん中あたりのシミの周りに、這ったようなシミが出来上がっています。これは、お客様が濡れたタオルなどでこすったためにシミが広がった部分です。

そして、もう一つ問題なのは、そのシミの周りが白っぽくなっているということ。スレてしまい、毛羽立ちも起きています。

事例の時に、いじらずそのままお持ちくださいと書くことがありますが、こう言ったことも起きてしまうからなのですね。

 

今回は本来あった部分のシミ抜きの他に、広がった部分のシミ抜きと、スレて白くなっていた部分の部分染色をさせていただきました。

本来のシミ抜きよりも価格が上がってしまいますし、何より繊維を痛めてしまっていますので品物にとってもあまり良くはありません。

普段使いの品物で、多少のシミも…と言った品物でしたらいいのですが、大切な品物で綺麗に着ていたいと言ったことでしたら、是非いじらずにそのままお持ちくださいね。

全力で、できる限りの事をさせて頂きます。

 

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩  近藤義之
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp
JAすこうアグリス店 248-8900
アップルランドデリシア井上店 248-4243

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ