今回の修正事例はWOOLRICHダウンジャケットの脱色修正になります。

シーズンオフにハンガーに掛けておいて、寒くなってきたので着ようと思ったら肩の部分などの色が変わっていた!

そんな経験はございませんか?

もし、日差しの当たる場所に掛けて保管していたりすると、日光の紫外線により繊維の色が壊されてしまい、色が変わってしまうことがあります。

今回お預かりしたダウンジャケットです。

フードで隠れていた部分は元の色ですが、日差しが当たっていた肩の部分は青い色が壊れています。

こうなってしまうとクリーニングをしても元に戻りませんので、部分染色の必要があるのですね。

アフターです。なくなっている色を部分的に使い、元の色に近づけました。

もちろんフード部分の他に前見頃周辺も修正してあります。

もし、大切な衣類を日差しがあたる場所に掛けてある場合は、出来るだけ日の当たらないところに移してください。

そして、着ようとした時に脱色が気になった際は、ご家庭で無理に処理をしようとせずにお気軽にご相談くださいね。

 

 

 

新町本店ではシミ抜き担当のスタッフがおりますので、その場でおおよそのお見積もりなども可能です。その場でシミ抜き方法などの打ち合わせがご希望でしたら新町本店へご来店ください。また、仕上げ担当のスタッフもおりますのでその場でおおよその仕上がり時間も確認できます。お急ぎの場合は新町本店へご来店ください。

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ