今回の修正事例の品物は、染み抜きのご依頼でお預かりした品物に穴が出来ていたというニットになります。

カシミアのセーター。肌触りもよく、お気に入りの一着なのではないでしょうか?

しかしそのセーターを使おうとクローゼットから出したら変色が出来ていた。そうなると染み抜きをしないと着られませんね。

しかし、いざ品物を確認すると繊維が弱っていて穴が出来ていた。実はよくある現象です。

お預かりしたセーターですが、シミの横に穴が出来ていますね。シミをそのままにしておくと、繊維を痛めてしまい最終的にはこのようにその部分の繊維が無くなってしまう。それだけシミをそのままにしておくのは衣類にとってよくないわけです。

染み抜き後です。シミはなくなりましたが、穴は染み抜きでは直す事ができません。

今回は安く穴を塞ぐことのできる穴かがりでの修理をご提案させて頂きました。

アフターです。しっかり穴もふさがり、これでしたら普段お使いになられても全く問題ないかと思います。

衣類にシミがあった時は、まず染み抜きをご依頼ください。もし、繊維が傷んでしまっている時は、その状態に対しての修理などもご提案させていただきます。

 

新町本店ではシミ抜き担当のスタッフがおりますので、その場でおおよそのお見積もりなども可能です。その場でシミ抜き方法などの打ち合わせがご希望でしたら新町本店へご来店ください。また、仕上げ担当のスタッフもおりますのでその場でおおよその仕上がり時間も確認できます。お急ぎの場合は新町本店へご来店ください。

載させていただいた画像は、同じ症例でお困りの方の参考の為、掲載させていただきました。
不都合な点がございましたら、お手数ではございますが下記までご連絡くださいませ。

(有)クリーニング黒岩
長野県須坂市新町529
℡ 026-245-1238
c-kuroiwa@nethome.ne.jp

JAすこうアグリス店 248-8900
デリシア井上店 248-4243

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ