今回の事例は、大切にしまっておいた着物を出したら一部分の色が変わっていたという事例です。

着物は普段着る洋服と違い、何かイベントがあるまで仕舞っておくことが多いのではないでしょうか?

本当は年に数回は虫干しをして欲しいのですが、なかなか出来ずにそのまま・・・となりがちですよね。

ですが、この文章を見て思い当たる方は仕舞ってある着物をチェックすることをオススメします。

201510301

柄の上の部分が、黄色く変色しています。

やはり、長い間仕舞っておいたら色が変わっていたとのことで、すぐにお持ちいただきました。

色が完全に変わってしまっているので、その部分を部分的に染色していきます。

201510302

着物は仕舞ってある時間が長い事が多いので、できるだけ確認の意味も込めて、年に2回ほどは虫干しをおすすめします。

また、その時点で気になる変化があった時は、お早めにご相談くださいね。

 

シミ抜きご依頼の流れ

お問合せ・ご相談・お見積もり

LINE@から簡単にお問合せ

メール問合せ